レーザープロジェクションシステム

最高 3 色までのテンプレートおよびアウトラインの表示用

アウトライン、テンプレート、パターンのレーザープロジェクション

レーザープロジェクターはレーザーラインを投影して、精密なアウトライン、テンプレート、パターンまたはその他の形状を実質上いかなる表面にも映し出します。レーザープロジェクションは CAD データを基にします。インポートされたデータは、プロジェクションデータとして処理され、それが 1 台以上のレーザープロジェクターに送信されます。プロジェクションの表面は、フラット/2D の場合も、カーブ/3D の場合もあります。測定装置または物理的なテンプレートは、1:1 アウトラインに置き換えられ、明るいレーザーラインにより表示されます。手動によるアライメントはより簡単かつ迅速になり、パーツ配置中のエラーも軽減されます。
  新しい物理的なテンプレートを作る必要はないため設計変更は簡単に実行でき、複雑な測定説明を書き直す必要もありません。プロジェクションデータを変更するだけで十分なのです。次のことが行えます

  • パーツの結合
  • 素材のレイヤーの配置
  • パーツのアライメント
  • 作業ステップの表示
  • 完成度の管理
  • または、視覚的支援の提供によるその他の作業のサポート:

レーザープロジェクターにより生産時間が短縮され、産出能力が向上し、エラーが軽減されます。

代表的な業界

航空
複合材
コンクリート
自動車
造船
石材
風力

代表的なタスク

テンプレート プロジェクション

代表的な利用方法

カーボンファイバーレイアップ
集成材部品および積層梁の配置
加工センターでの位置決め
木造プレハブ要素の組立