金属のレーザー測定

LAP はほぼすべての金属表面を処理できるレーザーセンサーを提供します。1984 年からの経験と世界中における運転の成功に基づき、ロング製品およびフラット製品、チューブ、プロファイル、特殊形状用の LAP 測定アプリケーションは、精度と信頼性の基準となっています。

パイプ/ チューブ製造向け非接触型測定

直径や楕円率、プロファイル、真直度といった寸法を測定するニーズがおありですか?溶接されたシームレスなパイプ/ チューブ向けの私たちのソリューションをご覧ください!

ロング製品の寸法測定

ワイヤロッド、バーおよびプロファイルをレーザー三角測量、光切断、またはレーザースキャンなど、さまざまな技術で測定できます。
ご相談いただければ、業務に最適なソリューションをご提供します!

世界中で、250 を超える LAP システムが成功裏に使用されています

金属のレーザー測定

30年以上もの間、LAPは製造ラインにおいて、ロング製品およびフラット製品の寸法を測定してきました。私たちは、連続鋳造から完成品にいたるプロセスチェーン全体において、位置、幅、厚さ、直径、輪郭、形状を非接触で測定するレーザーベースのシステムを製造しています。確かなソリューションの開発と導入には、プラントの条件や操業手順といった、顧客の管理から運用における要件を慎重に検討することが欠かせません。すべてのプロジェクトはまず、顧客のニーズを理解することから始まります。

過酷な環境での信頼性

金属産業において、測定システムは毎日困難な稼働条件の下で信頼性を実証する必要があります。数十年の実績をとおして、当社のエンジニアはこれらの条件を理解しており、測定システムを保護して稼働状態を保つ方法を熟知しています。卓越したセンサー技術、機械的安定性、衝撃および汚れへの耐性、断熱性、冷却システム、そして簡単なメンテナンスにより、システムの全体的なパフォーマンスが実現されています。

センサーだけではありません

生産工程および関連する生産ラインの特定のニーズでは多くの場合、測定システムを個別に適応させる必要があります。そのため、当社では、センサーから、機械、電子装置、ソフトウェア、そして最後にプロセスへの統合まで、単一ソースのシステムを提供します。プロジェクト全体で窓口となる連絡先が単一となり責任範囲が明確となります。LAP とお客様との間の緊密な協力関係により、短時間の取り付けサイクルとオペレーターの高い受け入れが保証されます。

新しい技術でリードする

フラットおよびロング製品の品質への要求は絶えず増えてきています。その結果、LAPはそのシステムを常に改善および開発しています。例えば、RDMSプロファイルゲージはロング製品の実際のプロファイルを測定するために世界中で受け入れられています。これは、葉型形状および非対称フィルなど、すべての該当する形状の欠陥を精密に検出および測定する特許取得の技術です。この特許取得の技術により、3ロールスタンドなど、現代の圧延技術に信頼性の高いデータが提供されます。