レーザークロスを使用したアライメントと位置決め

レーザークロス

LAP クロスレーザーは作業ポイントまたは直角な停止位置を表示します。この機能により、ツールが作業を開始するポイントやアライメント用の 2 方向の角度がマーキングされます。

アライメント用クロスレーザー

視差

単一のクロスレーザーを使用する場合、レーザービームと表面の間の角度に配慮する必要があります。レーザーまでの距離が変わっても、表面に正確に垂直位置のレーザーからのクロスだけは位置が変わりません。この現象は視差と呼ばれています。クロスレーザーの場合、角度によって両方のラインにさまざまな影響を与えることがあります。すべてがドリルなど、クロスレーザーを垂直に取り付ける方法がない場合には、2 つのラインレーザーを使用する必要があります。2 つのサイドから投影でき、作業テーブルまたはドリルが距離を変えても位置を変えないクロスになります。